30代で手取り20万円以下転職したほうがいい

   

 薄給の会社で30代になっても手取り20万以下という人もいますよね。

給料が低くても毎日定時で仕事内容も非常に簡単なものであれば仕方ないと思えるでしょうが営業職などで実績を出しているのに昇給しない場合やサービス残業を毎日しているようであれば納得いかないでしょう。

30代になればそれなりのキャリアをありますし実務能力においても即戦力になるでしょうから充分もっと好条件の仕事を探すこともできるでしょう。

将来必要な金額を考える

サラリーマンをしている以上、どこで働いているかで生涯年収はもうほぼ決まってしまっているでしょう。

今の会社で定年まで勤めたとしていくらくらいの生涯年収が期待できるでしょうか。

その金額で家は買えるのか一生賃貸なのかも決まるでしょうし、子供が大学に行きたいと言った場合国立大学などにはいれればいいですが私立の場合子供二人を大学まで行かせることができるでしょうか。

実家住まいであればいですが県外で就職した方や実家は兄弟が相続している場合などは薄給ではマイホームも夢のまた夢になってしまいますし子供を大学に行かせるのも苦労することになるでしょう。

一度人生設計をたてて今の収入で問題なければそのまま働き続ければいいでしょうし、今の収入では自己実現できない場合やそれどころか老後破産の恐れもあるようであれば転職すればいいでしょう。

とくに30代前半は即戦力になり企業側も欲しがっている年代ですから転職には適しています。

これが40代になると一気に転職のハードルが高くなってしまうので30代のこのまま今の会社に残るか転職するか決断する最後のチャンスぐらいに考えておいた方がいいでしょう。

リクナビNEXT

thumb_www_af-mark_jp

業界最大級の転職サイトです。案件が豊富なので選択肢も多くなるでしょう。またスカウトに登録することでオファーがもらえるチャンスもありますから登録だけしておき好条件のオファーがあった時はチャレンジしてみるのもいいですよ。

 - 未分類