募集要項と労働条件が違う

   

 転職や再就職がうまくいき喜びもつかのまいざ働き始めたら労働条件が募集要項と全然違い困惑している方もいますよね。

年収が募集要項よりもよかったなどいい方向で条件が違ったのであれば別に問題はありませんが、条件が悪かった場合が困りますよね。

とくに家庭の事情などで条件を指定して仕事を選んだ場合は大きな問題となってしまうでしょう。

クレームをつける

手違いではなく最初からだますつもりで募集要項に違う条件を掲載している企業もあるでしょう。

こういった場合は転職エージェントであったりハローワークなど仲介さきを通じてクレームをつけるといいでしょう。

うまくいけば当初の条件通りになるかもしれませんしダメであれば仲介先に別の転職先を紹介してもらうといいでしょう。

ほかにも労働監督基準所などに相談するのもいいでしょう。

また知人の紹介だったりもめ事は嫌いなのであまり事をおおごとにしなくない場合はそういった企業にはとっとと見切りをつけ他に転職先を探すといいでしょう。

同じ失敗をしまいようにする

相手企業に問題があるとは言え現状そういった条件が違う求人は今すぐに世の中からなくなるわけではありませんから労働者側もブラック企業を選ばないようにできる限りの防衛策をする必要があります。

ですがいったいどうやって企業の内部事情を知ればいいのでしょうか、これはなかなか難しいことですが大企業やある程度知名度の高い企業であればネットなどで検索すれば口コミの一つや二つは出てくるでしょう。

情報の信憑性に関しては全てが正しいとは限りませんが火のないところに煙は立たぬといいますから悪評のある企業はあえて選ぶ必要もありません。

またキャリコネなどの転職サイトでは実際に働いている人間が書いた評判なども見れるのでぜひ活用してみましょう。

リクナビNEXT

thumb_www_af-mark_jp

業界最大級の転職サイトです。案件が豊富なので選択肢も多くなるでしょう。またスカウトに登録することでオファーがもらえるチャンスもありますから登録だけしておき好条件のオファーがあった時はチャレンジしてみるのもいいですよ。

 - 未分類