同調圧力で仕事が終わっているのに帰れない

   

 職場が全体的に忙しく自分の仕事はもう終わってるのに毎日夜遅くまで仕事をしている同僚もいて彼らが終わるまで帰れないような同調圧力があり帰れない方もいますよね。

またチームプレイですから手伝えることがあるのであれば手分けしてやって特定の人間が毎日遅くならないようにすればいいでしょうが手伝えることもなくただゆっくり仕事をして時間をつぶすようであれば無駄としかいいようがありません。

このような場合どうすればいいでしょう。

早く帰ってみる

一度遠慮せずに自分の仕事が終わったら早く帰ってみてはどうでしょうか。

周りに合わせて遅くまで残るのが無駄だと考えているのはあなた1人ではなく皆が思っていることでしょう。しかし誰もそのことを言いだすことができずに今のような状況が生まれてしまっているのかもしれません。

もしあなたが早く帰っても誰もそれに対して文句や不満を言ってこなければ早く帰っても問題ないということです。

また誰か一人が早く帰るようになれば周りの人間も仕事が終われば帰るようになり皆して毎日遅くまで残るという悪習がなくなるかもしれません。

会社そのものに問題がある場合

慢性的なサービス残業体質の会社であり特に負担の大きな業務を担当している人間は毎日遅くまで仕事になってしまっている場合もあるでしょう。

しかも仕事を手伝える部分も少ないこともありますよね。

このような状況で早く帰る人がいれば遅くまで仕事をしている人はなんで俺は毎日サービス残業をしているのにこいつらは早く帰るんだと不満を持つのは必然的なことでしょう。

これはもはや個人の問題ではなく会社としてもあり方の問題です。

またいつあなたが負担の大きな業務を担当させられるかわかりませんし、管理職になれば毎日、10時11時まで仕事をしなければならなくなることは目に見えていることもありますよね。

ですがあなたが管理職になるころにはすでに結婚して子供もいるでしょう。そうなると仕事ばかりでなく家庭のことも考えなければいけませんので今の会社では将来苦労することがわかっているのであれば今から転職しておくのもいいでしょう。

リクナビNEXT

thumb_www_af-mark_jp

業界最大級の転職サイトです。案件が豊富なので選択肢も多くなるでしょう。またスカウトに登録することでオファーがもらえるチャンスもありますから登録だけしておき好条件のオファーがあった時はチャレンジしてみるのもいいですよ。

 - 未分類